GY Andromedae アンドロメダ座GY星

スペクトル分類

A

座標

  • X -373
  • Y -147
  • Z -336
→ Sol: 523

オブジェクトの種類

  • Variable Star of alpha2 CVn type
  • 恒星
  • Infra-Red source
  • 連星
  • UV-emission source
  • Variable Star
simbad:V* GY And

ウィキ

アンドロメダ座GY星(GY Andromedae, GY And)は、アンドロメダ座の恒星で、りょうけん座α2型変光星。明るさは6.27等級から6.41等級の間で変化する。また、恒星磁場の活動は23年程度という異常に長い周期での変動が見られる。

化学的特異星(Ap/Bp星)に分類され、クロムやユウロピウムのスペクトル線が特徴的だが、最も際立った特徴は、不安定な元素(半減期が17.7年以下)であるプロメチウム1階電離イオンの輝線スペクトルが観測されることである。プロメチウムは、より質量数の大きい超ウラン元素の自発核分裂によって生成されると考えられる。

また、分光連星でもあることが1958年に発見された。約273日の周期、0.47の軌道離心率を持ち、主星と伴星の間は少なくとも3.74×107km(0.25AU)の距離があると見積もられる。

This article uses material from the Wikipedia article "アンドロメダ座GY星", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0.